【トーラムオンライン】 ミナトラ君の冒険 8日目

前回の戦いでアッサリ負けてしまって、これからどうしようかと思案しながらも、

良い考えが浮かばず、割の良さそうな所で、経験値稼ぎをしていたけど、

いかんせん、レベルを1つ上げるのにかなり時間が掛かるから、割に合わないなぁ、

とダラダラ雑魚戦を続けていた。

 

 

そんな折、ふと閃いたことが・・・

この世界はMM0RPG。

 

そう、メインのクエストだけをしてレベルを上げてたけど、

この世界にはNPCがいるはず!!

メインのクエストをくれるだけのピーノ様以外に、日常のクエストをくれる人がどこかにいるはず!!

 

 

そう思いながらソフィアの街に戻り、街で立っている人に声をかけてみると

見つかりました。

 

その名もレフィーナさん。

 

話を聞くと、なんだか上から目線な気もするけど、まぁいいか。

 

クエストを受注して、意気揚々とお使いに出かけました。

 

 

手始めに、Lv4から受注できる『高級織物が欲しい!』を開始、

鳥の羽根を10個、ふわっふわの毛を20個、もこもこの毛皮を30個集めるだけのお手軽クエスト。

 

ソフィアの街を出てすぐにいる、モンスターを狩りまくり、それほど時間も掛からずに素材をGET!!

 

 

素材を集めて、レフィーナに報告すると、報酬と経験値を貰うんだけど

 

何かショボイな・・・とは思ったけど、これLv4のクエストだったね (^_^;)

【トーラムオンライン】 ミナトラ君の冒険 7日目

レリザと別れ、スカーロ外郭を後にする。

 

 

目指すは焦熱の峰辺!

 

 

倒すは・・・名前は知らないけど、

 

危険だから近づくなと言われた

 

強力な怪物・・・

結局なんだろう?

 

なんだか締まらないな。

 

 

・・・気にせず、焦熱の峰辺を進む。

 

以前、シュレアと会い、モケローと戦った場所を通り抜け

 

 

先に進む。

 

 

 

現れたのは巨大なモンスター!!

 

ビビるペルル。

 

いや、ペルルじゃなくてもビビってます。

 

急いで星狩りの花束をかざすと、

 

明らかに怯んでいる様子。

 

 

チャンスだ。

 

 

気を取り直していざ決戦!!

 

 

しかし戦闘前のレベル表示を見ると50と・・・

 

レベル「50」!!!

 

今の僕のレベルは33・・・

 

 

圧倒的ではないですか。

 

レベル差が・・・

 

 

 

ただでさえデカいのに、このレベル差は

 

アイテム云々ではなく、戦う前から結果は見えてる。

 

 

善戦にもならず、サンドバッグと化し、

 

 

ボロボロにされてしまった。

 

 

このままでは戦いにもならないので、

 

レベルを上げようと決意した。

 

 

しかし、雑魚とばっかり戦っても

 

レベル50に到達するのは厳しいから、

 

これから、どうしようかなorz

【トーラムオンライン】 ミナトラ君の冒険 6日目

ドゥーセ市庭に佇む女の人

とりあえず黙っていても仕方が無いから、

声をかけてみると

ここはレジストル派の街エル・スカーロの裏手であることを教えてくれた。

喜ぶペルル。

 

しかし喜びもつかの間、街には入れないことも親切に教えてくれた。

 

「裏門くらいあるだろう」と不平を言うペルル。

話を聞くと街の裏門近くで魔法研究に使う怪物を飼い始め、

その怪物が、怪物を引き寄せるのか、

裏門付近は怪物だらけになってしまい、裏門は閉鎖中。とのこと。

 

 

ここまで来てガックシな展開。

さらにエル・スカーロには魔法の中枢があり、

レジストル派でない人は

許可が無いと街へは入れないと言われる始末。

 

 

旅の商隊であるはずのペルルが

それを知らないのはどうかと思うけど・・・

 

ペルル曰く、レジストル派の人たちは

まともに取引をしてくれないから

リャノ婆ちゃんが街による必要は無し!

 

と、言うことでエル・スカーロには入ったことがないようだ。

完全な無駄足になっちゃたみたいだし、

これからどうしたもんか・・・

 

ホーリージェムの調査はここに来て

暗礁に乗り上げた状態になってしまった。

 

 

ペルルとこれからどうしたモノか

話していると、親切な人(台詞の吹き出し部分にレリザと書いてある

名乗ってはいないけど)がホーリージェムは

エル・スカーロでは無く別の場所で作っているらしい。

 

詳しい場所まではわからない様だけど、

エル・スカーロとは違い、

他の派の人でも入れるみたいので、

少しは希望があるけど、

 

結局は製造場所はわからないことには

変わりが無いわけで・・・

 

役に立てなくて、と話し

お詫びに『星狩りの花』というアイテムをくれた。

 

 

・・・えっと、情報をくれただけで良かったのに、

アイテムまでくれるなんて、

なんていい人なんだろう。

 

 

それにこのアイテム、なんだか聞き覚えがあるけど

何だっけ?

 

 

思案しているとペルルが

シュレアが焦熱の峰辺にいる怪物がこの花を苦手にしている

と話していたことを思い出してくれた。

(この辺は日記では省略してたけど)

 

なぜかこのアイテムを使い

その怪物を倒さないと気が済まないと

やる気のペルル。

 

えっと、その役目はきっと僕だよね?

 

言われなくても何となくわかるよ・・・

 

 

そんなわけで次の目的地は

焦熱の峰辺、しかも怪物退治になってしまった。

 

 

 

僕としては、ホーリージェムの調査をしたかったなぁ。

【トーラムオンライン】 ミナトラ君の冒険 5日目

やってきましたドゥーセ市庭!!

 

市庭に入ると、いかにもな建物が見えてきた↗↗

 

ホーリージェム買い付けに意気揚々のペルル。

早速、交渉のため、建物の中に向かうペルルと

それを見送るミナトラ君。

一拍おいて響くペルルの絶叫!?

 

何があったのかドキドキしながら待っていると

(というか、様子見に行かないんだ・・・)

ペルルが戻ってきた。

 

手にはホーリージェムの様な物が握られている。

なんだGETできたんじゃないか。

 

しかしペルルが発した言葉は

「もー、失礼しちゃうわー!!」

だった。

 

何があったのか聞く前に

ペルルは持っていたジェムの様な物を投げ上げて口に入れてしまう。

 

そしてもごもごと口の中で食べて「甘い」との感想。

どうやら持っていたのはジェムではなく、

ただの飴の様だ。びっくりして損した。

 

この施設はすべて飴を作るための施設で、

この辺の特産品として作っている、らしい。

 

ナイアータの事も聞いてきてくれた様だけど、

親切に教えてくれるはずもなく、

答えは「知らない」で、

ペルル曰く、知ってるけど隠してます感がバリバリ出ていたそうです。

 

 

ここにいても仕方が無いので、

レジストル派の街『エル・スカーロ』を目指すことにして

北へ。

 

エル・スカーロの裏側に位置するスカーロ外郭へ到着し

散策すると結構モンスターがワラワラいるんですけど・・・

 

 

まぁ数は多いけど、倒せないわけでもないので

何体か倒してみる。

 

 

ソルジャーラット、デスハウンド。

それなりの強さだけど、今のミナトラ君の敵ではない。

 

結構良い感じで戦えるので、

経験値稼ぎには、ちょうど良いかも。

 

 

そんなこんなで進むと新たな敵『悪魔の本』登場!!

 

攻撃は結構痛いけど、何とか倒せるので、

HPを回復しつつ、先を目指すけど、

 

こいつら壁通り抜けて、こっちに襲いかかってくる(汗)

 

 

仕方ないので、戦略的撤退をして仕切り直し、

何とか先へ進むと、変な人発見。

顔の前に赤い物が光っているようですけど、

声かけて平気な人なんでしょうか?

【トーラム オンライン】 ミナトラ君の冒険 4日目

ペルルと北を目指すミナトラ君。

ウィテカ燎原に入ると誰かがモンスターに襲われている!

 

ペルルが気づき声をかけると

襲われているのはペルルの商売敵トララだった。

慌てて助けるミナトラ君。

 

モンスターを倒した後で

ぺルルは自分が助けたわけじゃないのに、

ホーリージェムについて恩を着せがましく聞き始めた。

ナイアータの事は知らない様だが、ホーリージェムを売っているレジストルのテカカが何か知っている様だ。

焦熱の峰辺へ入っていくの目撃したらしいので、行ってみることに。

 

 

トララと別れ焦熱の峰辺に到着、

手近のモンスターにちょっかいを出してみると、

あっという間にやられました。

 

 

今度、装備を見直そうかな・・・

 

 

何とかなると気を取り直して進むと

途中、ストレイエ派のシュレアが援助を求めてきた。

何でそんなことしなきゃいけないんだ?

 

反論するとペルルが困った時は助け合わなきゃいけないと

教えてくれた。

 

そうなんだ、知らなかった・・・

 

少しペルルがあきれてる様な気がするけど、気にしない。

 

ペルルがミナトラ君のことを放っておいて交渉開始。

 

シュレアは荷物全部を置いていけと

モンスター『モケロー』を呼び出しけしかけてきた。

ここまでの道すがら、雑魚モンスターに瞬殺されたこともあり

一抹の不安が残るけど、とりあえずやってやる!!

 

しかし奮闘虚しく、ここでも瞬殺・・・

 

 

装備を一新すべく

 

戦術的撤退をする事になりました。

 

 

数日後

 

 

装備を新調し、いざリベンジ!!

 

 

装備を変えただけじゃないけど、

今回は『モケロー』の撃破に何とか成功。

 

 

シュレアをどうしようか、ペルルが聞いてきたけど、

同じストレイエ派ということで

今回は見逃すことにして、キュールの商人を見なかったか聞いてみると

シュレアは何も知らない様だ。

 

トララの情報はガセだったのか?

思案しているとシュレアが

ドゥーセ市庭にはレジストル派の人間が多くいるから

行ってみたら、と提案があり

次の目的地がドゥーセ市庭に決定した。

【トーラム オンライン】 ミナトラ君の冒険 3日目

ピーノ様の報告の後で、

バルフトとトリエルが別れ際に

ホーリージェムについて調べてはどうかと

教えてくれた。

 

特にやることもなかったし、

せっかくなのでホーリージェムについて調べることに

 

 

まずはジェムといえば合成屋。

 

と言うことで合成屋に訪ねると

レジストル派が作っているが、作っている場所まではわからない。

と教えてくれた。

 

これだけではサッパリわからないので

ソフィアの街で聞き込みを開始。

 

 

鍛冶屋では、化け物と戦う時に使う。

雑貨屋では、レジストル派のキュール族しか商売していない。

兵隊さんは、怪物討伐に使う。それ以外知らない。

 

・・・結局、何もわからない。

ので、ピーノ様に聞きに行くことにしたミナトラ君。

 

 

ピーノ様はエルフのナイアータという魔導士が知ってる。

ナイアータの事はレウグ塩原のペルルに会う必要がある。

と教えてくれる。

 

さすが知の神ピーノ様。

 

早速、ペルルに会い、ホーリージェムについて教えてもらおうと話を聞くが

ペルルも知らないといわれ、逆に言葉巧みに誘導され、

ポロっと今まで調べたことを教えてしまい

ペルルも一緒にナイアータを探すことになってしまう。

 

ペルルは誰もよく知らないホーリージェムを

製造場所から直接し入れたい

独自の仕入れルートを確保したいと、

強く懇願され、仕方なしに同行することに。

 

 

亀の甲より年の功って事で、

ペルルの婆ちゃんが何かしら無いか聞きに行くと、

北にレジストル派が多くいるから行ってみると良いと

助言をくれた。

 

ミナトラ君とペルルはホーリージェムを求めて一路北へ向かう。

 

 

今回、スクショ無しm(_ _)m

【トーラム オンライン】 ミナトラ君の冒険 2日目

前回のピーノ様のお使いが終わって、

 

またすぐにピーノ様より新たなお使いをお願いされた

ミナトラ君、ニセル山に竜が出たので、悪さしてる。

何人かのストレイエ派の人たちが討伐に行ったから、

あなたも行って、倒してね

 

との事、断ることすらしないミナトラ君、

冒険して数日でドラゴン退治に行くことになるとは・・・

 

新米にドラゴンって、重荷じゃないか?

ストレイエ派って思った以上に人員不足なのかしら?

 

それはさておきニセル山に到着すると

変な言い争いが聞こえてきました。

 

声のする方に行くとバルフトとトリエル兄弟が言い争ってる。

他のストレイエ派の人たちってこの人たちだったのね。

 

しかしさっきの言い争い、

兄のバルフトが妹のトリエルに敬語を使っていた様な?

 

声をかけると二人とも何かぎこちない。

追求しても仕方ないので、現状確認すると、

山全体が瘴気に覆われていて、ニセル山に登れないとのこと。

 

 

何とかは入れないか思案していると、

滅瘴香があれば瘴気を消せるとの事。

 

滅瘴香は高価で、二人とも手持ちがない。

合成するため街に戻る所で、モンスターに邪魔されていた

言い訳 説明されたので、

ミナトラ君が代わりに滅瘴香を買ってくる様に頼まれる。

 

レウグ塩原にいる商隊のペルルが商っているとの情報を元に

一路レウグ塩原へ。

 

生憎、ペルルも材料は品切れだったため、

採取することに

 

材料はすべてモンスターから集めることが出来るので、

 

ここで経験値稼ぎを兼ねた材料集めに勤しむ

ミナトラ君、ビークから分厚いクチバシを、

ロアから妖精の羽を、ペインリーフから植物の蔓をゲットし、

ソフィアの街の合成屋で合成してもらう。

 

滅瘴香を手に入れ、二人の待つニセル山で使うと

あっという間に瘴気が消え、三人はそれぞれ登山を開始する。

 

山を登ると、誰かがモンスターに襲われていたので

すぐに助けるが、モンスターを倒すと、襲われていた人も消えていた。

 

 

結局誰なのかわからないまま、

考えても仕方がないので

気を取り直して、ドラゴン探しを再開。

 

頂上でドラゴンを発見すると、

程なくしてバルフトとトリエルも駆けつけ

三人でドラゴンとなし崩しに戦闘をすることに。

 

 

それまでの冒険である程度はレベルが上がっていたとはいえ、

ドラゴン強い!

当たり前だけど・・・

 

何度も死にかけながらも

倒すことに成功。黒々していたドラゴンは

キラキラした金色に体色が変わっていて、

ミナトラ君たちに話しかけてきた。

 

 

今まで何をしていたのかわかっていない様だったので、

人を襲っていたので、退治しに来た話をすると

ドラゴン事、蛮竜デセル曰く「人を襲うことなどない」

 

 

まぁ体色が変わった事もあり、ドラゴンの体をよく観察すると

ドラゴンについていた黒い結晶がなくなっていた。

 

 

ドラゴンもミナトラ君たちの説明で納得し、

今後人間たちを襲わず、

12柱の沙汰を待つと約束してくれた。

 

何かスッキリしない結果になったけど、

一応は解決したので、ピーノ様に報告し、

今回の冒険は終了です。

【トーラム オンライン】ミナトラ君の冒険 1日目

 

ソフィアの街でのチュートリアル的なクエストが終了したので、

ストーリークエストを始めます。

 

 

ソフィア政庁でピーノ様からの依頼で、滅びの寺院にある柵木の調査に行くことになったミナトラくん順調に滅びの寺院に到着し奥に進むとアローヌさんがモンスターに襲われている場面に遭遇。

 

勢い勇んで救出します。

事情を話すと魔石を見せるかわりに、寺院のモンスターを倒すことを頼まれます。

 

 

二つ返事で承諾するミナトラ君、ファンタジーでお馴染み、初期雑魚モンスターのゴブリンを難なく撃破すると続いて、鳥形モンスターのビークを倒すことに成功。アローヌさんに報告していざ魔石の部屋へ!

 

 

 

そこではタイミング良くレジストル派の隠密兵たちが登場、魔石が置かれている像から魔石を奪ってしまいます。

 

 

その後、魔石が像から取られた影響なのか、ドラゴンとミノタウロスが登場。

 

ドラゴンは魔石(プルミエルジェル)が像から外れ、封印が解ける瞬間を待っていたようでした。

 

間髪入れず、ミノタウロスとの戦闘が開始!

 

レジストル派の手からプルミエルジュルが弾き飛ばされ、ミナトラ君の前に転がってきました。

プルミエルジュルの力でミノタウロスの力を封じ、これを撃破するミナトラ君。

 

 

封印の力を維持するため、滅びの寺院からプルミエルジュルは移動させない、とアローヌさん。

 

これをあっさり了承するレジストル派の隠密兵の隊長さん。

特に何もなく帰って行きました。

 

てっきり悪者と思って、引き下がらないと思ってたので、ちょっと拍子抜けしたけどプルミエルジュルを像の手に戻し、封印の力を復活させて一件落着。

 

 

ソフィアの街に戻り、ピーノ様に報告して今日の冒険終わりです。

 

後半、スクショ撮り忘れた・・・

P.S.おもしろいスマホゲームを簡単に見つける方法を教えてもらった

こういうサイトを参考にしたほうがいいと言われた。

スマホゲーム おすすめ

やりこんでる人のレビューは参考になるらしい・・・